Shilmel Munkh Trade CO.,LTD.

私たちの価値観はビジネスの創造者です。 人々は団結して新しい価値を創造することで繁栄します。 これが私たちの目標と願いです。

連絡する

技能実習生

日本では「技能実習制度」を活用した研修を実施しています。

日本には、外国人の技能実習生を受け入れるプログラムがあります。このプログラムは、開発途上国の「経済発展と産業の強化を支援する」ため、発展途上国の人材育成を支援する政策です。言い換えれば、先進国の日本が、自国の技術、テクノロジー、知識を伝えるということです。日本は多くのアジア諸国から期間労働者を受けいれてます。

技能実習生は日本に赴き、意欲的に専門技術を学び、技術、テクノロジー、そして最近ではサービスの研修により経験を積み上げ、母国に戻ってその分野で働くことになります。日本において外交と国際援助は、国の外交政策の大きな部分を占めています。この「技能実習制度」を通じて、日本は以下の技能実習生および研修実施企業に以下を義務付けています。この「技能実習制度」を通じて、日本は以下の技能実習生および研修実施企業に以下を義務付けています。

 

技能実習生は、技能を習得し、学んだ技能を母国で活かし、仕事や生活を向上させ、企業の発展に貢献する。

 

技能実習生は、得た経験と知識を母国で活かし、品質管理、仕事の習慣、コスト管理、業務改善、生産性の向上に貢献する。

 

研修実施企業が外国企業との関係を発展また強化し、経営を国際レベルのものとし、社内業務を多様化することに貢献する。

上記の3つは、この制度を実施する主な利点を示しています。ただし、このプログラムは、企業を選ばずどこでもすぐに実施することができるわけではありません。まず発展途上国から日本に労働力をもたらすための協定を政府間で結んでいます。このため、海外送出に関し、モンゴルでは労働社会福祉省が、日本ではOTITが受け入れの認可を与えています。日本には、OTITに登録・認可された監理団体(組合とよばれ、それぞれ登録企業を持つ)があり、その登録された派遣先企業はモンゴル企業から技能実習生を受け入れ、働かせています。研修分野、受け入れる技能実習生の年齢、実習方法、人数を最終的に決定するのは派遣先の日本企業ですこうした組合を、一般に監理団体と呼びます。

技能実習は最大5年間続きます。この期間中、技能実習生は日本企業で働き、日本の工場や職場で技能を習得し、学ぶ必要があります。しかし、この国では、技能実習生を受け入れる方法としては、「企業単独型」と「団体監理型」の2つの主要なグループに分けられます。監理とは、技能実習生が日本に到着した後の研修(技能実習に関する規則や日本語などの必要な教育など)を指します。 その後、プログラム実施者または受入企業との雇用契約に基づく技能実習が行われます。技能実習生は最初に1年間働き、経験を積み、技術を向上させます。到着から1年後、前年に習得した技能が基準を満たしていると判断された場合、「技能実習生2号」として再入学し、働き続けることができます。これは、あなたが日本で合計3年間働き、生活し、訓練することを意味します。 つまり、3年の実習は、「1 年+2年」と分けて行います。 初年度に技能の習得が不足している場合は、継続できない場合もあります。さらに監理団体が優良監理団体として認可されている場合は、「技能実習生3号」としてさらに2年続けられることになります。

監理団体の役割

商工会議所や中小企業の共同体などの受入機関の役割は非常に重要です。 これら監理団体は、自らの責任と監督の下で技能実習生を受け入れて登録企業に派遣し、技能実習生1号、技能実習生2号、技能実習生3号として実習中に派遣先企業を監査し、技能実習のすべての段階が法律に則り適切に施されていることを確認していきます。技能実習生を受け入れることができる監理団体(非営利団体である必要があります)は、次のいずれかでなければなりません。

商工会議所とそれに相当するもの

中小企業協会

職業訓練および生産センター

農業協同組合、水産協同組合

非政府組織/協会と財団/

日本の法務大臣によって定義された協会

「企業単独型」技能実習

  先に述べたように、日本の法務大臣の定義を持つ企業は、「企業受付」の形でインターンを雇うことができます。この場合も、研修生(請負業者)が必要な研修に参加する必要があり、研修期間は統合監督研修とは異なります。インターンシップの要件は、自己入学の場合も異なります。 「スキルレベル1インターンシップ」として認められるインターンシップは、以下のいずれかの要件を満たす日本の公的機関および民間組織の従業員および外国企業を対象としています。

Year Established
Products
Team Size
Clients
 

   日本が海外に支社を持つ、または海外で合弁事業を行っている(合弁事業の場合、日本企業はモンゴル企業と合弁の会社を設立している必要があります)。

 

日本の公的または私的企業との取引に1年以上の継続的な経験がある、または過去1年間に10億円以上の国際取引を行っている。

 

法務大臣が告示をもって定めた、日本の公私の機関と国際的な協力関係にある

国際的なビジネス文化から学び、品質と信頼に基づいて会社を発展させます
私たちはモンゴルの精神で世界市場で競争します。

在留資格「技能実習生1号」取得条件

海外支店、子会社、合弁会社の従業員で、勤務先からの配属を受けたり、日本の会社で一時的に働いたりする場合

習得する技能は単純な仕事ではなく、高度な専門技術を必要とする仕事であること。18歳以上であり、日本での研修、経験、知識をモンゴル帰国後活用すること。(一般に18〜30歳)

自国で習得が難しい技能を習得すること。

連絡する

[contact-form-7 html_class = "exp-form-rounded exp-button-rounded-block" id="5528"]

パートナー

私たちと一緒に働くすべてのパートナー

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound