日本の人口は減少をつづけています。

   日本の現在の人口は約1億2400万人(2018年1月現在)であり、2048年の暫定推定では、2048年までに人口の40%が65人になり、2100年までに総人口は5000万人に減少することが予想されています。

 

 

   2030年までに、労働年齢人口(15-64)は急速に減少するでしょう。国際的には、生産年齢人口は減少しています。労働参加は改善しているものの、労働力は2030年までに減少すると予想されています。

労働年齢人口/ 15-64 /

世界の平均余命

国の平均寿命と人口ボーナス期

 

   人口ボーナス期:総人口に占める「生産年齢人口」の割合が増え続けているか、労働年齢人口以外の健常者数が圧倒的に多い状態

安くて大きな労働力

+

 

経済政策のための国家予算

=

経済成長の促進

 

 
労働年齢やその他の健常者は2倍以上はいつまで?

フィリピン:2062年から

 

ラオス、カンボジ:2060年から

 

ミャンマー:2053年から

 

バングラデシュ:2051年以来

 

マレーシア:2050年から

 

モンゴル:2045年から

 

インドネシア:2044年から

 

ベトナム:2041年以降

 

日本では2005年に終了

 

   現在、現在人口ボーナス期または人口ボーナス期の初期段階にあるアジア諸国はたくさんあります。

 

   人口ボーナス期が終了する20年前に日本のバブル期の可能性を見ると、海外市場にチャンスがあると考えられます。

 

   日本の内需が拡大、さらに市場の衰退が予想される中、外国人労働者を受け入れることは、成長戦略を策定するための最も重要な選択肢の1つです。

 

なぜ日本でインターンシップが必要なのですか?

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound